• ホーム
  • プロフィール
  • 政策
  • 活動報告
  • 後援会
  • 事務所・連絡先

加藤かずとからのご挨拶

このたび、皆様からあらためてご信任をいただきありがとうございました。おかげ様で、平成11年に名古屋市会議員選挙において初当選して以来、6期目を迎えることができました。

これまでの20年間の議員活動におきましては、「一期一会」を大切に、皆様方一人ひとりの“声”に耳を傾けながら、よりよい市政の実現に取り組むとともに、名古屋市会の第91代議長をはじめ、数々の要職も務めさせていただきました。この間、与えられた職責を全うし、全力で走り続けることができましたのは、日頃からご支援を頂戴しております皆様方のおかげと、心より感謝申し上げます。

また、このたびの歴史的な皇位の継承に伴い5月から元号が令和に改まりました。この新元号には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められております。新しい時代の幕開けに伴い、これから新たなステージを迎える市政に確かな一歩を重ねてまいりたいと考えております。

そして今般、名古屋民主市会議員団の団長を拝命いたしました。この重責を果たすべく、「理想と現実のギャップを埋めるのが政治の役目」という政治信条に基づき、汗を流し、力と知恵を絞って取り組んでまいる所存でございます。

さて、名古屋市では、南海トラフ巨大地震や記録的な豪雨などから市民の命を守る防災対策の推進や、子育て支援の拡充、高齢者・障がい者福祉の充実など、様々な喫緊の課題に直面しております。また、人口構造の変化に伴い、本市の常住人口は2022年頃から減少傾向に転ずると予測されています。こうした本市を取り巻く情勢を踏まえますと、市民の皆様の暮らしを守り、一層の安心感と愛着を実感していただけるまちを築くべく、皆様の声を丁寧に市政に届けていくとともに、本市の強みを最大限に引き出し、人々を呼び込む施策に積極果敢に取り組むことが極めて重要であると認識しているところでございます。

今後10年の間には、2026年のアジア競技大会の開催や2027年のリニア中央新幹線の開業が予定されており、市政にとって極めて重要な転換期を迎えることとなります。この千載一遇のチャンスに本市が大きく飛躍できるよう、長期的展望に立った市政運営の実現に全力を尽くしてまいりたいと、決意を新たにしているところでございます。

このたび港区民の皆様から賜ったご厚情を胸に刻みつつ、未来に責任のある政治の実現を目指して全身全霊を傾けてまいりますので、引き続き、格別のご支援とご協力を心からお願い申し上げます。

 

国民民主党

国民民主党愛知県総支部連合会

名古屋市会

参議院議員 いそざき哲史

自動車総連組織内候補 はまぐち誠

国民民主党

国民民主党愛知県総支部連合会

名古屋市会

参議院議員 いそざき哲史

自動車総連組織内候補 はまぐち誠